So-net無料ブログ作成
検索選択
885bloon02.jpg

九州急行色”キハ58+キハ65”製作記 Vol.2+α [九州(Nゲージ)]

九州急行色製作記第2弾です。
ボディーの塗装剥離が完了しました。
ところどころに元の色が若干残ってますが、ここまで落とせば問題なし!
S_Q_DC002.jpg

このあと、前面、妻面を中心にパーツを取り付けます。
0,3mmのドリルでたくさん穴を開けます。
老眼鏡は必須です。
S_Q_DC004.jpg

パーツ取り付けが完了するといよいよ塗装に入ります。


九州の残像


またまた”おまけシリーズ” [その他]

少し前の話になってしまいますが、またまた、コンビニ(サンクス)で見つけてしまいました。
今度のおまけはゼンマイではなく”プルバック式”(チョロQと同じ方式)のおもちゃです。
1ヶ月近く前の話なので、既に売り切れていると思います。すみません!


■157系『日光』号
Schoro005.jpg

■EF81-81
御召し列車牽引の実績を持つEF81の81号機です。
”北斗星”のヘッドマーク付き。
実際に北斗星の牽引につくこともありますね。
Schoro003.jpg

■EF64-1053
北陸”のヘッドマーク付き。
こちらも同じく実際の北陸を牽引します。
Schoro006.jpg

九州急行色”キハ58+キハ65”製作記 Vol.1 [九州(Nゲージ)]

久しぶりに、Nゲージ車両の製作を開始します。(まだ、準備段階ですが…)
国鉄末期から90年後半まで活躍したキハ58、65の”九州急行色”を製作します。
実車は急行「火の山」「由布」「くまがわ」などで活躍していました。

まずはデカールです。
たぶれっとさんの『九州旧急行色デカールセット』を使用します。
S_kyusyu005.jpg

そして、種車。
TOMIXのキハ58とキハ65を使用します。
KATOの完成品もあるのですが、ちょっと仕様をかえてキハ58はパノラミックウインドウと呼ばれる運転台の窓が横にも回っている車両を使用します。
番号はキハ58の1101~1143になります。
キハ65もパノラミックウインドウ車なので同じ顔になってしまいます。
S_kyusyu006.jpg

S_kyusyu007.jpg

そして、最終的にはこのような感じになります(なるといいなぁ~)
写真はKATO九州急行色の完成品です。
かなり前に限定品として登場しましたが、中古車市場ではあまり人気がないようです。
S_kyusyu001.jpg

このあと、種車をIPAに浸けて表面の塗装を落とします。
次回は真っ白になったキハ2両をご紹介する予定です。

学習能力 全くなし!お土産シリーズの巻 [その他]

またまた、やってしまいました。
買っているそばから『何買ってんだか』と思うようなものばかり。

特急”さくら”ヘッドマークプレートと特急”なは・あかつき”のヘッドマークシール。
さくらは金属製、なは・あかつきは普通のシールです。
このシール、どこに貼るつもりで買ったのでしょうか?
でも、”良いな”と思ってしまいました。
mini_omiya005.jpg

こちらもシール。
左のシールはここの商品を買えばおまけについてくるものです。
シールが欲しくて”絵本”買っちゃいました。おじさんが絵本を買ってどうするんだ。
すでに、885系の1枚をが使用済みです。
mini_omiya004.jpg

そして、帰りに有楽町の某ビックカメラでこんなものまで…
ACERノートPCとe-Mobileの通信カードです。
PCは”本日発売”の新製品。スペックなど調べもせずに衝動買い。
通信カードとセットで買うと¥9,980-と言う驚き価格です。
サブノートを探していたので迷わずゲット!
OSはXPですが、”そんなの関係ねー”です。
ACERのロゴの横に”885系かもめ”が…上のシールを貼っちゃいました。
mini_omiya001.jpg

mini_omiya003.jpg

残りの車両を少々。


東京総合車両センター”夏休みフェア” [実車]

今にも雨が降り出しそうななか、東京総合車両センターの一般公開に行ってまいりました。
イベントはどこもかしこも長蛇の列。もちろん入場する際も長い列が出来てました。

mini_ooi003.jpg

203系(常磐線千代田線乗り入れ用)が整備中
mini_ooi005.jpg

mini_ooi009.jpg

トラバーサーに乗ったモハ202。
トラバーサーとは車両を複数の線路間で平行移動する際に使用する機械です。
mini_ooi012.jpg

そして、久しぶりに登場。E231
mini_ooi013.jpg
下回りがスカスカになっているE231
mini_ooi063.jpg
そしてその台車
mini_ooi010.jpg

体験乗車に利用されていた京葉線用201系。
方向幕は”快速 勝浦”になっていました。
これも長蛇の列だったので当然パス!
京葉線に行ったら乗れますからね。
これに乗って大崎駅の手前まで数百メートルの体験乗車です。
mini_ooi008.jpg

展示予定になかった”EF58-61”が”クモハ12”と並んで展示されてました。
mini_ooi014.jpg

mini_ooi054.jpg

そして、機関不調のため、出走予定を数度キャンセルしてしまった高崎のEF65-501(通称:Pトップ)です。
今日も誰かに引っ張られてきたのでしょうか?
mini_ooi021.jpg

485系JT”せせらぎ”
これは車内見学が出来たようです。
これも長蛇の列のためスルーしました。
mini_ooi020.jpg
mini_ooi042.jpg

こんな感じで4本並んでいます。mini_ooi026.jpg

逆サイドから。
mini_ooi050.jpg

そして、こんな車両もありました。
京浜東北線用の209系500番台が京葉線に転属になるとの”噂”を聞いておりましたが、改造中の車両に遭遇。
既に、横の帯は京葉線色になってますが、前面はまだ京浜東北線色のまま。
今回はこの車両が一番人気だったりして。
mini_ooi074.jpg

ということで、毎年恒例の”東京総合車両センター”一般公開でした。
そして、またまたつまらないお土産が…。
次回『学習能力”ゼロ”!つまらないお土産シリーズの巻』に続く!

九州のお土産 [九州]

今回の九州旅行でゲットした”自分へのお土産”です。
1ヶ月近く経って改めて見ると『何で買ってしまったんだろう』と思ってしまうものばかり。

■JRQの車両のマグネット。
 車種は良いところをおさえてはいるんですけど…
mini_Q009.jpg

■JRQの車両のマウスパッド
 これも良い車種をおさえています。
 ”No.2”ということは”No.1”もあったのか。残念!
mini_Q003.jpg

■885”白いかもめ”の鈴?
 携帯電話につけるようですが、”チリンチリン”と音が鳴るので電話中耳障りです。
 他の物にでもつけましょうか。
mini_Q004.jpg

■極めつけ!ハチロク”あそBOY”のミニチュアナンバープレート
シールになっているので、何処かに貼っておきましょう。
mini_Q005.jpg

仕事の合間に途中下車! [実車]

久しぶりに”関東ネタ”です。
仕事の途中(8/18)ですが、尾久通過時に気なることが…
時間に余裕があったのでちょっと寄り道をしてしまいました。

廃車回送待ちと思われる京浜東北線の209系。
浦和所属の72編成のようです。
柱が多くてすみません。
oku001.jpg
ちょっと距離があったのでコンデジではこれがいっぱい、いっぱいでした。
oku009.jpg
oku003.jpg

まだ残っていました。
既に解体されていると思っていた”夢空間”のオロネ25 901『デラックススリーパー』です。
他のオハフ25 901オシ25 901は確認できませんでした。
となりの北斗星用オハネフ25も解体待ちなのでしょうか?
ちなみに、ホームから見えたのはこの部分だけでした。
oku006.jpg

こちらは現役組。
北陸用のスハネフ14(左)とあけぼの用のカニ24(右)
既に冷房用発電機のエンジンがフル回転していました。
oku005.jpg
oku004.jpg

車両入れ換え中のDE10
oku010.jpg

今日もちょっと寄り道をしてしまいました。

Kyushu landing operation 【番外編】787系特集 [九州(実車)]

今回の九州撮り鉄旅行でたくさん目撃した”787系”
全編成25本のうち18編成を撮ることができました。
(見飽きてしまってスルーしたものが何本もあったので目撃はもっと多いのかもしれません。残念!)

と言うことで、今回は”番外編”として種類が多い787系の各編成の詳細をご紹介いたします。
(一部、ご紹介済みの写真を含みます)
787系BM12編成(小倉駅)
DBM12_01.JPG

【概要】
787系は1992年7月15日から営業運転を開始した車両です。
当時の特急有明の一部を名称変更の上、”つばめ”として鹿児島本線の特急に充当されました。
9両編成5本、7両編成1本(全52両)が鹿児島運転所(現:鹿児島総合車両所)に新製配置されました。
(9両編成は現存いたしません)
現在は全車(140両)南福岡電車区に配置されてます。
1993年には、鉄道友の会ブルーリボン賞、グッドデザイン賞を受賞、1994年には第5回ブルネル賞を受賞しています。
2003年までは”サハシ787”(ビュッフェ車両)も編成に組み込まれていましたが、「Relay tsubame」化により普通車に改造され形式消滅してしまいました。
また、振子機能未装備のため、883,885系と比較すると曲線通過速度が若干低くなります。

ちなみに、編成名は下記のとおりです。
B→787系
M→南福岡所属車両
1→編成番号

Type-1】BM1~8編成
特徴:7両編成の「Relay tsubame」ロゴ入り車両(車体色はダークグレー)

■BM1編成(博多駅)
BM1_01.JPG
■BM1編成(原田駅)
BM1_02.JPG
■BM3編成(原田駅)
BM3_01.JPG
■BM4編成(原田駅)
BM4_01.JPG
■BM4編成(南福岡区)
BM4_02.JPG
■BM6編成(竹下駅)
BM6_01.JPG
■BM7編成(博多駅)
BM7_01.JPG
■BM7編成(原田駅)
BM7_02.JPG
■BM8編成(竹下駅)
BM8_01.JPG

【Type-2】BM10・11・13・14編成
特徴:7両編成の「Relay tsubame」ロゴ入り車両(車体色はダークグレー)
当初は6両で有明運用についていた編成を7両化により「Relay tsubame」用編成とした。
BM1~8編成と共通運用。
■BM10編成(南福岡駅)
BM10_01.JPG
■BM11編成(博多駅)
BM11_01.JPG
■BM13編成(原田駅)
BM13_01.JPG
■BM14編成(竹下駅)
BM14_01.JPG

【Type-3】BM12・15編成
特徴:6両編成の「ARIAKE」ロゴ入り車両(車体色はダークグレー)
■BM12編成(西小倉駅)
BM12_04.JPG
■BM12編成(西小倉駅)
BM12_03.JPG
■BM15編成(原田駅)
BM15_01.JPG

【Type-4】BM101~106編成
特徴:4両編成の「ARIAKE」ロゴ入り車両(車体色はダークグレーorグレーツートーン)
BM1・5・6・7・2・11の短編成化に伴い、余剰となった中間車で組成された編成。
先頭車のクロハ786(下り方)とクハ787(上り方)は新製による。
■BM101編成(竹下駅)
BM101_01.JPG
■BM102編成(原田駅)
BM102_01.JPG
■BM104編成(鳥栖駅)
BM104_01.JPG
■BM105編成(南福岡駅)※他編成と併結
BM105_01.JPG

【Type-5】BM107~111編成
特徴:4両編成の「ARIAKE」ロゴ入り車両(車体色はダークグレーorグレーツートーン)
BM15・3・4・8・10の短編成化に伴い、余剰となった中間車で組成された編成。
先頭車のクロハ786(下り方)は新製、上り方の先頭車はサハ787-100番台の先頭車化改造による。
■BM107編成(竹下駅)
BM107_01.JPG
■BM107編成(竹下駅)
BM107_02.JPG
■BM109編成(南福岡駅)
BM109_01.JPG

【今後】
九州新幹線の伸延により余剰となる787系は南九州に移り(大分?鹿児島?)現行の485系きりしまなどを置き換える予定との事。[ちっ(怒った顔)]
485系の撮影は早めに済ませておいた方がよさそうですね。[ダッシュ(走り出すさま)]
とりあえず、全5タイプの撮影は出来ていましたが、残りの7編成は次回のお楽しみに。[もうやだ~(悲しい顔)]

Kyushu landing operation Part.10 [九州(実車)]

九州編もとうとう最終回になりました。
今回は、原田から鳥栖へ移動します。

途中、基山でこんな車両に出会いました。
JR西日本 京都総合運転所のクモヤ443-2です。
JRQすべての電化区間を検測していたようです。
Q_40d337.JPG
相方のクモヤ442-2も撮影したかったのですが、783リベンジのため、後ろ髪を引かれつつ再度電車に乗り込みます。

鳥栖に着きました。
Q_40d421.JPG

今回の一番の目的、783系”HuisTenBosch”がやっと撮れました。
大きい画像でご覧ください。(クリックで大きくなります)
先程、原田でミスったCM-25編成です。
DQ_40d428.JPG

みどり、HTBの連結部。
Q_40d454.JPG

そして、長崎本線へ。
Q_40d462.JPG
この後、早岐で分割し、みどりは佐世保へ、HTB車はハウステンボスへ向かいます。

885系”かもめ”
Q_40d395.JPG

813系。
今回は787系とともにたくさん撮影することが出来ました。
Q_40d346.JPG

鳥栖まで来るとまた新たな車両を見ることが出来ます。
大分車両センター所属のキハ125-24
Q_40d347.JPG

長崎本線用の817系
Q_40d412.JPG

鹿児島本線用の815系
Q_40d357.JPG
そしてその室内。
Q_40d387.JPG

昨日、門司港駅にいた元”三井グリーンランド号”(左側)の811系です。
Q_40d409.JPG

そして、ED76-1008牽引のコンテナ列車。
駅からはみ出してしまうくらいの長大編成でした。
Q_40d472.JPG

787系のラッピング車。
これはNHK大河ドラマのラッピング。
Q_40d479.JPG
こちらは、”つばめ”の車体に”鶴”のラッピング。
Q_40d481.JPG

知らない間に静態保存されている蒸気機関車が。このカマに関する詳細は不明です。
Q_40d352.JPG

そして、最後の大物。
キハ72”ゆふいんの森”です。
Q_40d498.JPG
このゆふ森で今回の撮り鉄は終了です。

この後、博多に戻り、福岡空港から東京へ。
Q_40d511.JPG
楽しかった九州上陸作戦も無事終了です。

この飛行機の次の便で東京に戻りました。
Q_40d512.JPG

10回に渡りお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
土、日だけでも充分な(九)鉄分の補給が出来ることを知ってしまいました。
次回の計画も着々と進行しております。
富士に乗って大分方面か。それとも鹿児島で485を狙うか…
こんなことを考えていると『また、寝られなくなっちゃぅ~』

Kyushu landing operation Part.9 [九州(実車)]

第9弾は鹿児島本線原田での撮影です。

博多から813系の快速で移動します。
813系の室内。
コーポレートカラーの”赤”が多い室内です。
Q_k050.jpg

原田に到着!
Q_40d195.JPG
原田のホームです。
右が鹿児島本線。左の”0番ホーム”が筑豊本線となります。
Q_40d197.JPG

間に合いました。ゆふDXです。
ド派手なキハ183-1000番台。どこもかしこもマッキッキ!
昨日のリベンジを果たしました。
Q_40d130.JPG

お目当ての783系”HuisTenBosch”
みどり+HTB+かもめの3階建ての場合、HTBは中間に入ってしまいます。残念!!
Q_40d178.JPG

ちょっと短めのED76-83牽引の貨物列車
ナンバー下の白帯と運転台ドアの”銀”が更新工事施工車の証です。
Q_40d212.JPG
タキの6両では力を持て余し気味。
九州でも”オテモヤン”が大活躍。
Q_40d221.JPG

813系+811系併結編成。比較的多く見かける併結編成です。
Q_40d238.JPG

気温はまだまだ高そうです。それにしても暑そうな空。
Q_40d207.JPG

またまた、787系。南福岡のBM102編成です。
Q_40d224.JPG

そしてこちらは南福岡の”BM-1編成”。トップナンバーの編成です。
Q_40d136.JPG

885系かもめ。傾いてます。
Q_40d248.JPG

そして…783キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
783系”HuisTenBosch”が先頭で…
Q_40d272.JPG

あっ!タイミングを逃した。
Q_40d281.JPG

その直後、反対側に783系が。またまた変なタイミング!!ナンじゃこりゃ。
Q_40d311.JPG

そして、783系はあっという間にはるかかなたへ。
ちなみに、左側の複線が鹿児島本線、右側の引込み線のように見えるのが筑豊本線です。
Q_40d334.JPG

この写真暑そうですよね。そうです、暑いんです。
Q_40d120.JPG

気持ちを新たにもう少し足を伸ばすことに。
次回は鳥栖へ移動します。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。