So-net無料ブログ作成
885bloon02.jpg

JR九州のNゲージネタ [九州(Nゲージ)]

ペースはかなり遅くなってますが、Nゲージも作ってます。
今回は、8月に塗装剥離した車体をご紹介した九州旧急行色とSONIC883系の増備車両の2種の進捗状況をご紹介いたします。

【九州旧急行色】
TOMIXのキハ58とキハ65がベースです。
先月、パーツ取り付けと下塗りまで出来ました。
前面と妻面の手摺の取り付けのみ。
種車が暖地仕様のため、タイフォーンなどは製品そのままです。
DC58Q002.jpg

DC58Q001.jpg

そして今月、ベージュと白を塗りました。
心配していたコンプレッサーも長期休養の割には快適に動いてくれました。
ただし、ホースはコンプに潰されていたので新品を購入。

mini_Q_mo 003.jpg
mini_Q_mo 004.jpg
mini_Q_mo 005.jpg
ベージュが少し濃いようですが、塗りなおす気力もなく”合格”とします。
あとはたぶれっとさんのデカール(とても細いストライプ)を貼り付けて完成です。

【サハ883-1000+モハ883-1000】
この車両は883系SONICの5両編成を7両にするために作られました。
しかし、その車体は885系のもので元の883系とは明らかに異なります。
編成になるとその”デコボコ感”がなかなか良いです。
模型はグッドタイミングで発売されたKATOの”885SONIC"のAssyボディーを使います。
旨い事にボディーの改造は不要です。
モハ883-1000
mini_Q_mo 001.jpg
サハ883-1000
mini_Q_mo 002.jpg
この車両もたぶれっとさんのデカールを貼れば完成です。
ただし、部品未入手。売り切れてなければ良いのですが…

最近、写真撮影ばかりでしたが、細々と模型もやってます。
完成したらまたご紹介させていただきます。

川崎市電 [実車]

少し珍しい電車をご紹介いたします。
川崎に市電があったのはご存知ですか?
川崎駅から塩浜駅までの6.7kmと短い距離の路線だったようです。
1969年に廃止されてしまったのでご存知の方は少ないかもしれませんね。

今日は、川崎市内の桜川公園に保存されている川崎市電の車両をご紹介します。

700形702号車
mini_kawasakisiden 013.jpg

反対側
mini_kawasakisiden 011.jpg

サイドビュー
mini_kawasakisiden 017.jpg

車体標記
mini_kawasakisiden 016.jpg
mini_kawasakisiden 015.jpg

車両の説明文。
mini_kawasakisiden 014.jpg

現在では川崎市営バス”川40系統”が市電とほぼ同じルートで走っているようです。
市内には今でも”市電通り”という道路が残っています。

ここに保存されてます。
川崎市営バス”桜橋”バス停から徒歩2分程です。

桜川公園



今日(昨日ですが)の大宮&さいたま新都心 [実車]

25日は仕事で大宮まで行ってまいりました。
お約束の大宮工場入場車を確認。
幕張のE257が出庫待ち(?)
mini_oomiya 002.jpg

武蔵野線用の205系。
mini_oomiya 003.jpg

と、この日の大宮は寂しい限り。

お隣の駅”さいたま新都心”には豊田の115系訓練車。
通常、訓練車のモハユニットはモハ→モヤへ形式変更されますが、モハ114はそのままの形式で組み込まれています。
編成はクハ115-108+モハ114-827+モヤ115-6+クハ115-207となります。
こちらはクハ115-108。
ヘッドライトがシールドビームに改造されていますが簡易改造のため、ちょっと変です。
この簡易改造のヘッドライト、今ではこの車のみになってしまいました。

mini_oomiya 006.jpg
mini_oomiya 011.jpg

モハ114-827。
800番台は中央東線のトンネル断面が小さい線区用にパンタグラフの付いている部分の屋根だけを低くしています。
その後、パンタグラフの改良により屋根を低くする必要がなくなりました。
そのモハ114の”低屋根”部分。
残っているモハ114-800番台はこの車両のみです。
mini_oomiya 018.jpg

アップです。
mini_oomiya 017.jpg

訓練車のロゴ。
mini_oomiya 015.jpg

この編成は初期車のため、現存している多くの115系とは細部が異なります。
登場当時はもちろん非冷房。
改造により後に取り付けられました。

115系訓練車はいつなくなってもおかしくない車両です。
元気なうちに写真に撮ることができました。仕事中なのに…

尾久車両センター”ふれあい鉄道フェスティバル”後編 [実車]

スキンを冬モードに変えてみました。
違うブログに来てしまったかな?と思われた方、すみません!!

前回に引き続き、尾久車両センターのイベントをご紹介いたします。

本日はこちらの車両から。
EF60-19号機
何度もの塗色変更を経て、最初の色に戻りました。
高崎機関区のイベント開催時にこの運転台(もちろん助手席側です)に乗って構内を往復したことがあります。(ちょっと自慢?)
mini_oku 073.jpg
逆側です。
”彗星”マーク付き。
mini_oku 125.jpg

DD51-842号機
こちらの機関車も元御召し牽引車です。
手摺、台枠側面、煙突カバーがステンレスの部品に交換されてます。
このように御召し牽引機は一部の部品がスペシャルな仕様になってます。
こちらの側には今はなき”はくつる”のヘッドマークがつけられています。
mini_oku 077.jpg
mini_oku 081.jpg
逆サイドは”あけぼの”マーク付き。
mini_oku 117.jpg
mini_oku 122.jpg

かなりくたびれていますが、マヤ34-2004(高速軌道試験車)です。
引退してから時間が経っているので外板はボロボロです。
この車両には台車が走行用+検査用で3つ付いてます。
mini_oku 082.jpg
mini_oku 084.jpg
mini_oku 085.jpg
mini_oku 088.jpg

現役組の車両です。

485系”宴”
mini_oku 096.jpg
車体のマーク。
mini_oku 107.jpg

”ゆうづる”マークのEF81。
mini_oku 098.jpg

休憩所に使用されていた高崎の旧型客車、スハフ42。これも現役組です。
休憩所なのに長蛇の列!!
いつのまにか、防護無線がつけられていました。(貫通ドア上にそのアンテナが装備されています)
mini_oku 111.jpg
mini_oku 101.jpg
オハ47(中間車)の台車。TR23と言う台車です。
mini_oku 103.jpg

高所作業用車の体験乗車。結構楽しそう!でも、スルー!(おっさんがあのうえではしゃいでいる姿は見苦しいですから)
mini_oku 063.jpg

あまりの混雑に1時間と少しで早々リタイアをしてしまいました。
帰りに乗換駅の赤羽でプチ駅弁フェアに遭遇。
悩んだ挙句、『磐越SL弁当』を購入しました。
結局、家まで持って帰り、”家で駅弁”食べちゃいました。
家で食べる駅弁の味は…微妙です。
パッケージ
mini_oku 126.jpg
弁当が入っている容器。
mini_oku 127.jpg
そして、弁当の中身。
ハンバーグに肉団子、そしてソーセージ。ひき肉のトリプルパンチです。中身の方は微妙でした。
しかも、デザート用でしょうか、危険なカップ入りこんにゃくゼリーが。
mini_oku 128.jpg
やはり、駅弁は列車内で食べるものですね。

以上、短い時間でしたが、久しぶりの関東鉄を満喫してまいりました。

尾久車両センター”ふれあい鉄道フェスティバル”前編 [実車]

本日はJR東日本 尾久車両センターで開催された”ふれあい鉄道フェスティバル”に行ってきました。
九州から1ヶ月ぶり、地元となると約2ヶ月ぶりの"撮り鉄”です。
尾久駅から地下道を通り通用口のような小さな入り口から尾久車両センターに入ります。

まず目立つのが、E655系”和”(なごみ)
ピカピカのボディーは偏光フィルターを使用しても反射が凄いです。
mini_oku 005.jpg
mini_oku 057.jpg
反対側。
mini_oku 044.jpg
そして普段お目にかかれない特別車両”E655-1” この車両だけ、”クロ” ”モロ”のような符号が付いてません。 もちろん我々のような”一般ピー”には無縁の車両です。 他の車両は団体用として”一般ピー”でも乗ることが出来ます。

と、思ったのですが、大きな勘違いです。
これは普通の車両でした。モロE654-101と言う車両です。
この車両は定員9名と極めて少ない定員数です。普通の電車と比べると特別車両には変わりがないのですが、E655-1程スペシャルではありません。
間違った情報で申し訳ございませんでした。
mini_oku 053.jpg

車内はこのようになっているようです。
mini_oku 051.jpg

最近廃車になった”ゆとり”14系客車です。
中間の車両は既に解体のため回送されていますが、両端のスロフ14が残ってました。
今日の展示のためか?
mini_oku 007.jpg
mini_oku 065.jpg

同じく廃車となっている”夢空間”25系900番台。
とても豪華な内装で、解体するのはもったいない車両です。
mini_oku 028.jpg
車体標記
mini_oku 010.jpg

滅多に出てこない車両”カヤ27-501”
カシオペアの電源車”カハフE26”が検査、故障などで使用できない場合のピンチヒッターです。
カニ24-100番台から改造されています。
デストロイヤーのような顔が可愛い車両です。
(デストロイヤーを知っている方は少ないと思いますが…)
mini_oku 030.jpg
mini_oku 033.jpg
mini_oku 009.jpg

機関車も展示されていました。
北斗星用のEF81-86(普通の星ガマ)とEF65-1118(元スーパーエクスプレスレインボウ専用牽引車)が並んでいました。
mini_oku 018.jpg

EF65の横には大きく”EF65"と書かれています。
これは二代目の専用車。他にEF81-95号機も同様の塗装に塗られています。(現在も活躍中)
mini_oku 025.jpg

そして、元御召し牽引車”EF81-81”号機。
mini_oku 024.jpg

こちらは北斗星用の電源車の普段見られない面。
mini_oku 036.jpg

オロハネ24(北斗星)
mini_oku 086.jpg

オハネフ25(北斗星)
mini_oku 090.jpg

スハネ14(北陸)
mini_oku 019.jpg

車両センターの構内。
mini_oku 021.jpg

以上、前編でした。
後編へ続く。

”朝から晩まで鉄分補給” in 九州【番外編2】787系 [九州(実車)]

夏の旅行で全25編成中18編成が撮影出来た787系。
今回新たに4編成を撮影することが出来ました。

BM2編成
天拝山~原田間
mini_BM2.jpg
mini_BM2_02.jpg

BM103編成
天拝山~原田間
mini_BM103.jpg

BM106編成
天拝山~原田間
mini_BM106.jpg

BM111編成
天拝山~原田間
mini_BM111.jpg

残るは”BM5””BM108””BM110”の3編成。
ここからが苦労しそうです。

”朝から晩まで鉄分補給” in 九州【番外編】 [九州]

九州旅行番外編に突入です。
懲りずに買ってきたお土産の一部をご紹介します。

はやとの風、しんぺい、リレーつばめの車内で購入したキーホルダー。
IMG_0386.jpg
こちらは携帯ストラップ。
IMG_0387.jpg

博多で買った”ガチャポン”のキーホルダー。
なんとEF81-300が出てきました。
このEF81、帰宅後にヘッドライト点灯工事を実施し、今ではヘッドライトが光ります。
IMG_0390.jpg

西鉄バスのバスコレを2種。
これは西鉄のイベントで購入。
新塗装
IMG_0382.jpg
現塗装
IMG_0385.jpg

そして、頂き物。
はやとの風、しんぺいの車内に設置されているスタンプを押せるパンフレット。
IMG_0002.jpg

キハ58+28乗車証明証。なんとパウチッコされています。細かい心配り、さすがJR九州さん!
IMG_0006.jpg
車内配布の下敷き?用途はよくわかりませんが、表と裏にお宝情報満載!
オモテ(こっちがウラかも)
IMG_0003.jpg
ウラ
IMG_0004.jpg
お宝情報満載ですよねえ。えっ?お宝でない?

最後は車内で配られたお弁当の包み紙。(こんなものまで?)
なんと手作り。
IMG_0005.jpg

またまた”買えてラッキー” ”買って後悔”のお土産シリーズでした。

”朝から晩まで鉄分補給” in 九州【キハ58+28 下鴨生→門司港+鉄道記念館】 [九州(実車)]

とうとう最終章です。
今回は下鴨生での撮影会のあと、またまたキハ58,28に乗り門司港まで。
途中”田川後藤寺”から日田彦山線に入ります。
40D106.jpg

何かと話題の多い平成筑豊鉄道の車両です。
40D109.jpg

このあたりはセメント工場がたくさんあります。あの人のご実家の会社もこのあたりでしょう。
削られてまっ平らになってしまった山も見えます。
40D111.jpg

またまた、何度かの運転停車を経て門司港に到着。
ここでも撮影会が開かれます。
あわせて、鉄道記念館も見学します。
40D113.jpg

何組かのグループに分け撮影します。
待ち時間にC59のテンダーでも…
40D114.jpg
やっと順番が回ってきました。が、まだ撮影に参加できません。
その間に、いつもは見られない側からの展示車両の写真でも…
40D118.jpg
40D119.jpg
(逆から見ても同じ姿なんですけどね)

数分の待ち時間のあと、撮影開始。
門司港の車両留置線での撮影です。
40D125.jpg

キハ58のほうは立ち入り禁止。
正面以外も立ち入り禁止。あれまあ、またまた期待はずれです。
40D128.jpg

以前、キハ58につけられたことがあるヘッドマークも展示されていました。
40D142.jpg40D143.jpg
40D145.jpg
40D147.jpg
40D148.jpg

そして鉄道記念館へ。
列車でお隣になった方とのお話に夢中になり、記念館はスルーです。
さすがにお近くにお住まいの方はJRQの情報が豊富です。
いろいろと知らなかったことを教えていただきました。
展示物よりはるかに楽しかったです。

外の車両の一部を撮りました。
キハ07
40D149.jpg
ED72-1
40D151.jpg
元クロ481のクハ481-603
40D153.jpg

留置線には811系のラッピング車両が。
門司港関連の広告が出てました。
40D154.jpg

記念館正面のキューロク。
40D157.jpg

ここで帰る時間となってしまいました。
門司港→博多には乗車せずキハ58ともここでお別れです。
空路を使えば、最後まで乗車できたのですが、陸路にこだわって(?)しまったため、途中下車です。大失敗(かな?)

前回訪問したときには気がつかなかった看板です。
”じも”ではありません。昔の看板なので右から読みます(って、知ってましたよねえ)
40D158.jpg
後ろ髪を思いっきり引かれつつ門司港駅方面へ。
40D160.jpg

門司港駅で見つけた今回の列車の広告です。(まだ、心残りなのか…)
40D161.jpg

お約束の門司港駅構内の風景です。
40D162.jpg
40D164.jpg
40D165.jpg

この813系が今回の旅の締めくくりです。
この電車で小倉まで。
40D166.jpg

門司港の留置線。
40D167.jpg

あっという間に小倉に到着。
ここからはこの車両の仲間に乗って一気に東京まで。
40D168.jpg

そして、N700系の車内。
このあと、爆睡のため、山陽区間の記憶はほぼ皆無となりました。
40D171.jpg

1ヶ月にわたってご案内させていただきました九州旅行も今回で終了です。
しつこい性格なので、番外編が続きます。
お付き合いいただければ幸いです。

”朝から晩まで鉄分補給” in 九州【キハ58+28】 [九州(実車)]

いよいよ最終日になりました。
本日は、最後の九州色キハ58+28に乗車します!
博多から鹿児島本線、筑豊本線などを通り、門司港まで。
門司港では”鉄道記念館”に立ち寄り、博多に戻ると言う行程です。
使用車両は直方に所属しているキハ58-716とキハ28-2444。
私は門司港で途中下車。[もうやだ~(悲しい顔)]

『一般のお客さまは、ご乗車になれません』ちょっとスペシャルな気分です。
40D001.jpg

キハ58+28の入線に皆さん無言で興奮状態。
40D005.jpg

この列車、スペシャルなのにいろいろなところに停まります。
ここは大宰府信号所。定期の列車を先に行かせます。
40D008.jpg

沿線にはいたるところにファンの姿が。
40D012.jpg

原田で方向転換後、筑豊本線へ入ります。
右の2本は鹿児島本線。
40D015.jpg

西鉄電車をオーバーパス。
40D016.jpg

途中で西鉄の旧型車両を整備している光景に遭遇。
40D018.jpg

バスも一緒に整備しているそうです。
40D024.jpg

途中の車窓です。
40D025.jpg

飯塚到着。ここも”運転停車”ここまで何度、運転停車をしたことでしょう。
※運転停車とはドアが開かずに停まっていることです。外に出て写真を撮ることもできません。
ただひたすら発車時間を座って待つのみ。辛いのぅ~。
40D026.jpg

新飯塚から後藤寺線に入り下鴨生に到着。
40D077.jpg

ここでやっと釈放され、車両の記念撮影ができます。
なぜ、この駅を撮影場所に選んだのでしょう。右は金網、左はホーム。微妙な撮影会となりました。
おじさんちょっとオカンムリ!![ちっ(怒った顔)]
それでは、記念撮影の画像を少々。
40D030.jpg
40D032.jpg
電柱を記念に…ではありません。
40D036.jpg

特製サボ。
40D042.jpg
ヘッドマークも特製です。
40D055.jpg
車体標記。
40D057.jpg
製造銘版(キハ58)
40D060.jpg

キハ58
40D068.jpg

キハ28
40D074.jpg

レトロな運転台です。
40D072.jpg
助手席側。
40D073.jpg

車内
キハ28
40D061.jpg
キハ58
40D062.jpg

タブレット授受のシュミレーション。
40D078.jpg

キハ31がやってきました。こちらは定期の列車です。
40D089.jpg

キハ58の横顔。
40D095.jpg
40D102.jpg

無事撮影会も終わり、門司港へ向かいます。

”朝から晩まで鉄分補給” in 九州【原田】 [九州(実車)]

連日の強行軍でちょっとお疲れ気味のため、早めにホテルへ…
と思ってはみたのですが、それは出来ませんでしたぁ~。
2ヶ月ぶりの原田駅でまたまた撮影開始です。

またまた最初は811系。
mini_40d1011 667.jpg

回送の783系を追い抜く787系。
mini_40d1011 688.jpg

またまた885系に抜かれてしまった783系。
mini_40d1011 724.jpg

885系”かもめ”
mini_40d1011 734.jpg

787系”リレーつばめ”
mini_40d1011 708.jpg

キハ72系”ゆふいんの森”
mini_40d1011 676.jpg

813系
mini_40d1011 749.jpg

ED76-1020
mini_40d1011 758.jpg

787系”ありあけ”
mini_40d1011 768.jpg

鹿児島本線上では貴重な姿(?)
783系の中間運転台を丸出しで走り去っていきました。
しかもこの編成は顔だけみどりの”なんちゃってみどり”編成です。(側面は水戸岡色)
mini_40d1011 739.jpg

九州各地に配置されていたキハ31。
今は直方に集中配置されているようです。
原田から筑豊本線方面へ走ります。
40d1011 719.jpg

この日も10月だと言うのに気温は高く、”体力の限界っ!”を感じたため博多のホテルへ直行です。

いよいよ明日は最終日。
今回の目的のひとつ、”キハ58に乗車”計画を実行します。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。